ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!

日本ワイン比較優位産業論 現地ルポ 第7回 日本の食文化を表現世界と勝負するワインをめざす ドメーヌ タカヒコ(北海道余市町)

余市町は世界のワイン銘醸地と同じ緯度、ワインベルトにある。曽我貴彦氏は日本中を調査の上、雪の多い余市を選んだ。繊細なワインになるピノノワールを栽培するには余市以外ないからだ。世界を目指す曽我氏は「科学する醸造家」である。
本文を読む

関連記事

powered by weblio