ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

本物を追求する称号なき生ハムマイスター

 2012年、信州八ヶ岳麓にきたやつハム(株)が誕生した。前身の1987年操業の佐久浅間農協特産センターハム工場から加工場を受け継ぎ、放牧養豚から加工、販売まで手掛ける。有志の協力できたやつハムを設立すると、渡邉敏(51)はすぐさま実力を発揮する。同年、ドイツの品評会で金賞・銀賞を受賞し、さらに八ヶ岳麓ならではの商品も次々に開発している。渡邉の知識と技術の源と、本物の生ハムを追求してきた半生をひも解く。 文・写真/平井ゆか
本文を読む

関連記事

powered by weblio