ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

紀平真理子のオランダ通信 2019年夏


「ワーカーの人数をできるだけ少なくできる製品を開発しているんだ。ロボティクスや自動化、AIで将来的には無人農場を作ることが我が社のビジョンだね」(同)

【将来のために 潜在マーケットに目を向け、製品を開発する】

同社では、パプリカ、トマト、キュウリ、花、植物工場、集中型養鶏場に製品を投入している一方、常に新しい潜在マーケットにも目を向けている。
「いまは産業用ヘンプも重要作物。米国やカナダでは薬として使っていて、南アフリカやギリシャなどEU諸国でも寛容な国が増えてきているんだよね。子どものてんかん治療に使われる国もあるんだよ。それ以外では、ベリー類やサトウキビ、ワサビ、バニラの温室栽培にも注目している。
じつは、オランダでワサビを栽培している農家が1軒あるんだよ。ニッチマーケットだけど、気候変動で栽培できる環境が変化している。すぐにどこのマーケットにも応えられるよう常に視野を広くしているよ。ステビア(天然由来の甘味料)なんかは新しい巨大マーケットだ。気候変動は生産者が投資する大きな原動力になるんだよ」(同)
同氏の発言では何度も「将来のために」というフレーズが出てきた。たとえば、今年6月にアムステルダムで開催されたGreen Techで、イノベーションアワードを受賞した同社のRidder NoNa+は選択性膜と電気透析技術を組み合わせ、排水から有害なナトリウムを除去するシステムだ。
「水に含まれるナトリウムを除去する製品は、いま現在は多くの人に必要がないかもしれない。でも、将来的には必要になることを見越して開発したんだ」(同)

【先端技術で若者を農業に引きつける】

もう一つ「将来のために」必要なことがある。それは、ワーカー不足もさることながら、オランダでも後継者や新規就農者不足が問題になっていることだ。そこで、2018年にWorld Horti Centerが開設された。この施設は、約70社の施設園芸関連会社や育種会社のブースがあるほか、6400平方mの敷地に36の異なる区画があり、企業の研究部門などが試験栽培を行なっている。それだけではなく、人材不足の解消を目指し、MBO(中等職業教育)とHBO(高等職業教育)が内設されており、16~21歳の1200人の園芸施設科の学生が毎日通学してくる。
「最先端の技術に近くで触れることで、若い世代に農業(園芸)に興味を持ってもらうことが目的なんだ」(同)

関連記事

powered by weblio