ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

知っておきたい 世界各国の産業用ヘンプ

スロベニア 初期投資の少ないCBD事業に特化栽培を広げ、世界の需要に応える

  • NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事 赤星栄志
  • 第24回 2019年11月29日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
ヘンプの栽培規則はケシ(園芸種)と同じ

スロベニア共和国は欧州の中央部に位置し、国土面積は日本の四国よりやや大きい程度である(図1)。旧ユーゴスラビアの6つの国の一つで、1991年に独立し、04年に欧州連合(EU)に加盟した。耕作面積は約1割程度で小麦、トウモロコシ、テンサイ、ホップ、ブドウなどを栽培している。
本文を読む

関連記事

powered by weblio