ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

AGRI FACTの運営に皆様のご支援をお願いします

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第282回 2019年12月23日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
小社が旧年10月に開設した新サイト「AGRI FACT」が充実してきました。本誌に掲載されたラウンドアップ(グリホサート)に関する記事や先ごろ行なったセミナーの様子を紹介するところからスタートしましたが、さらにこのサイトの真骨頂ともいえる怪しげな言説についてファクトチェック(事実確認)を実施する項目も追加しました。
当面はネット上で一番問題化されているラウンドアップが中心となりますが、今後話題を広げていきます。
現在、掲載されているファクトチェックは、元農水大臣の山田正彦氏がその著書やブログ等で流布させている言説に関してです。
曰く、「グリホサートは発達障害の原因の一つ」、「グリホサート(ラウンドアップの主成分)と、子どもの様子(怒りっぽい、落ち着きがない)に因果関係があるのではないかと検査をして、腸の粘膜に小さな穴が開くリーキーガット症候群の発症が判明」、「(子どもが)理由がないのに突然怒り出すのは、グリホサート(同)との因果関係があるのではと検査した。腸の粘膜に小さな穴が開くリーキーガット症候群により、真菌クロストリジウムが脳神経の炎症を引き起こしている可能性がある」、「グリホサート(同)はラットの実験で2代3代と、代を重ねるごとに異常が増幅される」、さらに「数人の母親の母乳から最大で166マイクログラムのグリホサート(同)が検出された。体内に残留しないというモンサントの説明に疑義が生じた」などという6件についてです。

関連記事

powered by weblio