ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

知っておきたい 世界各国の産業用ヘンプ

インド 衣料からCBD・医療用へ 持続可能な農村経済に貢献する作物に

  • NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事 赤星栄志
  • 第27回 2020年02月28日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
長い歴史を持つ大麻文化

インドは、人口約13億人の半数以上が農業に従事し、農地面積が約1億5000万haと日本の国土の4倍もある農業大国である。大麻草の歴史は長く、紀元前1400年頃のインドの宗教経典『アタルバ・ヴェーダ』では、大麻草は神聖な植物として人々を不幸から解放し、病気やあらゆる悪霊から身を守るとされている。大麻樹脂は「チャラス」、花は「ガンジャ」、種子および葉は「バング」と区別して扱われてきた。
本文を読む

関連記事

powered by weblio