ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

北海道長沼発ヒール・ミヤイの憎まれ口通信

死の宣告をされたことありますか?(2)

あなたは死を宣告されたことはありますか? 先月号の続きで、前回のあらましはこうだ。 2002年11月から翌年7月まで、中国広東省で急速に呼吸障害を示すSARSが発生するなか、アメリカの砂漠地帯に出かけた。帰国前日から咳、熱、だるさが現れ、ホウホウノテイで成田に到着。飛行場の医務室で診療を受けるが「風邪でしょ」と診断され、北海道の自宅に帰る。その後、9月に人間ドックを受け、右肺全体に影があると言われ、専門医の受診を勧められた。03年10月21日、札幌市南1条病院(現在の南3条病院)の診察室でCT画像に映る3cmの腫瘍を見て「現在のこの状況は5年で50%、10年で10%の生存率です」と告げられたのだ。
本文を読む

関連記事

powered by weblio