ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

発酵でコメに付加価値と新たな市場を

  • (株)ファーメンステーション 代表取締役 酒井里奈
  • 第189回 2020年04月27日
  • 価格:220円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
成功例に乏しい国内でのバイオエタノール製造で軌道に乗っているのが(株)ファーメンステーション代表取締役の酒井里奈だ。「発酵で楽しい社会を!」をミッションに耕作放棄地を活用して作ったコメからバイオエタノールを精製し、化粧品やアロマオイルなどの原料にする。発酵過程で出る米もろみ粕を地域の養鶏農家が飼料として使い、鶏糞を田んぼに還元する。捨てるもののない循環サイクルを岩手県奥州市で作り上げ、コメ余りの時代にこれまでになかった付加価値を創造した。 文・写真/山口亮子、窪田新之助、写真提供/(株)ファーメンステーション
本文を読む

関連記事

powered by weblio