ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!

日本ワイン比較優位産業論 現地ルポ 第19回 品質優先・コスト犠牲の栽培技術 日本の風土に根差したワイン マンズワイン小諸ワイナリー(長野県小諸市)

雨が多く、ブドウに不利な日本のテロワール(気候風土)を克服するためレインカット方式を開発し、全国に普及した。品質追求の栽培技術開発のためのワイナリーである。陽光が降り注ぐ冷涼な地、気候、土壌、人がそろった東信地方に立地したセンスが光る。世界に誇るワイン造りを目指している。
本文を読む

関連記事

powered by weblio