ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今年の市場相場を読む

コロナに日照不足が重なった野菜類 ニンジン/バレイショ類/レタス類/ネギ

新型コロナが世間を覆って業務用需要を直撃し、野菜に関しては、供給オーバーぎみの安値推移もあった。しかし、西南暖地や愛知、静岡から関東に産地が移り、7月の東北への切り替え時期に深刻な関東産地は日照不足で生育が遅れ、多くの品目が高値推移となった。7月の東京市場の入荷量は関東産の減少になんとか輸入品がカバーしたため、数量は5%程度の減だったが、野菜類は総平均で25%高くなった。高値推移は日照不足による不作状態と業務用需要の低迷との引き算と足し算と、昨年との割り算で「入荷減の相場高」と出た。ただし、単価高は家庭需要の堅調と業務用需要復活のバランスで決まる。
本文を読む

関連記事

powered by weblio