ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

キロ単価1万円のイチゴはなぜ生まれたのか

福岡県大川市の楽農ファームたけしたは40aのハウスで作るイチゴを産直で販売し、青果物と加工品で2020年度は年商8000万円を見込んでいる。系統出荷していた頃は1500万円がせいぜいだった。それが5倍以上になり、来年度には1億円を見込む。長い間深みにはまっていた赤字経営から脱却し、キロ単価1万円のイチゴを生み出すようになった秘密を探る。 文/窪田新之助、写真/楽農ファームたけした
本文を読む

関連記事

powered by weblio