ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

農業は先進国型産業になった!

日本ワイン比較優位産業論 現地ルポ 第21回(番外編つづき) 日本ワインは成長産業か?(下)自社農園産ブドウが増える マンズワイン小諸ワイナリー(長野県小諸市)

日本ワインの将来展望には、原料ブドウの供給分析が重要だ。ワイナリーの新規参入が続いたが、その背景には生食用から加工用へブドウ生産の転換、水田のブドウ畑への転換、大手ワイナリーの自社畑増設ラッシュもあった。日本のワイナリーは原料ブドウの広域流通の上に成立しており、「ドメーヌ型」は少ない。
本文を読む

関連記事

powered by weblio