ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

勤勉さと懐の深さを持った500年続く農家

福岡県飯塚市の田畑の一角に、ぼた山を背にして「NSA21」と外壁に書かれた2階建ての納屋がある。その意味は「21世紀の新しい農業をつくろう」。いまから20年前にこれを建てた合屋洋一は、家族とともに勤勉さを持って農業経営に打ち込みながら、懐の深さを持って多くの人を受け入れ、後進の育成に当たってきた。そうした家風がどうしてでき上がっていったのか紹介したい。文・写真/窪田新之助
本文を読む

関連記事

powered by weblio