ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

外国資本による土地買収

グローバル経済の下、国際的な不動産売買が自由化されて久しい。外国資本による土地買収により経済活動が活発化する期待がある一方で、二つの弊害が生まれている。ひとつは過疎地域の土地が買収される安全保障の問題。もうひとつは地域が土地を活用した産業の主導権を失う問題である。日本には諸外国にあるような土地の「所有権」の規制がない。国は自由経済と安全保障との間で揺れ、地域は資本と過疎との間で揺れている。 グローバル経済において他国と対等にわたり合える真の力とは何か。本特集では、状況を把握するとともに、いま国、地域、農業者はどうしたらよいのか、識者の解説と読者らの意見を交えて考える場としたい。(まとめ/平井ゆか)
本文を読む

関連記事

powered by weblio