ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

ついに来た水田農業のチャンス

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第293回 2020年11月27日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
日本農業新聞によれば、農林水産省は10月16日、2021年度産の主食用米の適正生産量を679万tに設定した。これは前年より30万t以上少なく、減少幅は過去最高で700万tを割り込んだ。この適正生産量を実現するためには、今年の生産量から50万tの減産が必要であり、面積にすると10万haの転作が求められることになる。
本文を読む

関連記事

powered by weblio