ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

地域を一つの農場として見たい

田んぼの境を示すコンクリートで造られた畦。地権者同士の心の壁を象徴するような景色を前に、樫山直樹(42)は「地域を一つの農場として見たい」と考えるようになる。徳島県小松島市の自身が代表を務める(有)樫山農園は、統合制御型ハウスで作った高糖度トマトをメインに、コメ、麦、コマツナ、シイタケなどを生産する。同社を中心に、他の農家やJA、加工業者などと連携し、地域の農業全体の競争力を高めたい――。その試みは次々と具現化していた。 文・写真/山口亮子、写真提供/(有)樫山農園
本文を読む

関連記事

powered by weblio