ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

地域を一つの農場として見たい


「シイタケ農家も営業に行くし、レンコン農家も行く。徳島からわざわざ4人が東京に営業のために行くんだけれども、その営業を共有できないか。売り先も共有しようという発想で会社を作った」
これまで鳴門金時を買ってもらっていた顧客に、コメも、シイタケも、レンコン、コマツナ、トマトもあると営業できれば、ほかの農産物も買ってもらえるかもしれない。そうなれば、同一の売り先に納品することになるため、チャーター便の手配もしやすくなる。

個人経営の農家と持ちつ持たれつ

地域の農家と連携した組織づくりに加え、稲作で、農家との双方向の助け合いが自然と生まれている。田んぼを預ける地権者は、高齢で離農したり、まだ若いけれどもほかの作物の栽培で忙しかったり、機械の更新ができなかったりと、さまざまだ。
一方の樫山農園は、機械はそろっているものの、稲作を担当する社員は6人で、人手に限りがある。耕耘、田植え、稲刈りといった作業はできるけれども、水管理や草刈りといった管理作業で、自前では賄いきれない部分もある。
「その部分を個人経営の農家に委託してもいる。持ちつ持たれつで、地域の農地が回ればいいなと」
樫山農園の特徴の一つが、若さだ。19年まで3年連続で新卒を採用した。20代が9人いて、平均年齢はパートも含めて31歳だという。ただ、採用には苦労している。若者が東京や大阪に流出する上、徳島県内には大手企業の本社や工場もある。
「農業に競争力がない。将来性があるのは大企業だと学生の目には映るのだろう。より将来性があるのは農業の方だと思っているけれど、十分伝えられていないというのが一つ。それに、賃金の設定がほかの大企業と比べると低いのが一つ」
樫山は、採用に苦労する理由をこうみる。社員が成長を実感できる会社にしたいと、人事考課制度も作った。
「売上高として最低10億円は行かないと、一般企業のように生活基盤としての仕事にするのが、なかなか難しいのかな。まずは、将来性を描ける、夢を託せる会社にならないといけない。やれる限りの挑戦をしようと思っている」
20年後のビジョンも社内で作った。掲げるのは、売上高100億円。耕種農業では、未踏の領域だ。「若い人が、後に続こうと思ってくれる農業をしたい」。21年3月に完成する新しいハウス群を足がかりに、理想に一歩近づこうと、飛躍を誓っている。 (敬称略)

関連記事

powered by weblio