ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

土門「辛」聞

国産ドローン トラブル続きでいまだ飛翔せず


この事故がドタキャンにつながったかどうかは分からない。ただ、そのタイミングからすると、ナイルワークスが自主的に出展を見合わせたか、製造受託したソニー系子会社VAIO、あるいは同社製ドローンをかつぐ住友商事が出展見合わせを進言したか、そのいずれかだろう。コロナの影響が理由なら、9日前に出展見合わせを決めるということは、ちょっと考えにくいからだ。

不十分だったフェイルセーフ機能

JA夢みなみは、20年産のシーズンに住友商事からリースでナイルワークスが発売したばかりの最新鋭Nile T-20を2機導入。8月3日からカメムシ防除に使っていた。事故が起きたのは、防除の後半戦。操縦にも慣れてきた頃だったが、ドローンが風に煽られてバランスを失ってぶつかりそうになった。職員が、プロペラのガード部分に右手を伸ばしてドローンを制止しようとしたところ、指3本がプロペラに触れて骨折してしまったということだ。
このプロペラガードはナイルワークス製ドローンのセールスポイントだった。過去にラジコン・ヘリコプターのプロペラ接触による頸動脈切断等の死亡事故が起きていたことから標準装備にすることにしたのだ。
JAの通報を受けた国交省は、原因分析を行ない、是正措置を講じた。内容は、同省サイト「無人航空機に係る事故トラブルの一覧」で公開されている。原因分析は次の2点。(1)「着陸時に機体が傾いて接地したため、着陸判定が出来ず、その時点でモータを停止せず姿勢制御を継続した」、(2)「接地した後に、ドローンを安定して制御するために必要な電圧(36.0V) を下回っていた」。
この分析を読む限り、操縦者側のヒューマンエラーと制御システムの不備を指摘している。前者は(1)、後者は(2)に該当する。ヒューマンエラーも、どちらかといえばナイルワークス製に共通する機体構造の特徴から起きたものと思われる。
Nile T-20は、飛行中に異変を感じた場合、マニュアル操作で緊急停止と危険回避操縦ができる。なぜか後者は上昇・下降の操作しかできない。これでは十分な危険回避の操縦ができなくなる恐れがある。フェイルセーフ的な衝突回避機能が不十分だったのではないか。信頼されるドローンの条件は、緊急時には前後・上下・左右に衝突回避できる操縦機能を備えておくことだ。
是正措置として本来指摘しておくべきは、上下しか危険回避の操作ができない点にあるはずだったが、なぜかスルーして、低電圧誤動作防止機能や着陸判定機能の一部について改良を指示するにとどまった。

関連記事

powered by weblio