ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今年の市場相場を読む

家庭の鍋需要を左右する野菜相場 ハクサイ/ネギ/シュンギク/シイタケ

20年後半は野菜の需給が複雑な相互関係のなかで混迷した。コロナ禍で業務用と家庭用の需要構造が変わり、一方で長梅雨や猛暑などによる生育遅れや病気の発生など、供給事情にも不確定要素が。9月にはGoToも始まって業務需要にも活気が戻り始めたが、予想以上の曇天が続き、10月中旬までは逼迫の気配があったが、後半から11月にかけて関東産の生育も回復、西南暖地の前倒し出荷も不要なほどに。しかし、本格的な寒さが襲来してコロナ第3波に見舞われている。外食店の営業自粛、時短要請が出るなか、家庭需要は鍋物を中心に活発化する。
本文を読む

関連記事

powered by weblio