ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

「お前はどんな音を奏でたい?」ビートが効いた野菜と人を育てる

「自分の音」で勝負したい久松達央は、売り方も含めてインディーズ(独立型)で就農した。(株)久松農園の有機農業、多品目栽培、さらに直販という営農形態に憧れている新規就農者は後を絶たない。しかし、それは「自分の音」だと言えるのだろうか。合理的な農業経営を実践しており、複雑な事象の言語化も得意な久松だが、就農20年を過ぎた今も「美しい農業」や「自分の音」という抽象的なものを追求し続けている。 文・写真/紀平真理子
本文を読む

関連記事

powered by weblio