ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特別企画

10ha以上規模への集積が半分を超えた「センサス」に見る規模拡大の加速

注:すべて全国データである。経営耕地の集積動向は都府県データで分析することが多いが、技術進歩や気候温暖化の影響から産地移動が大きくなっているので、北海道と都府県を区別するのはむしろ問題もある。なお、都府県ベースについての分析は、拙著『新世代の農業挑戦』(新書版)全国農業会議所、2014年、第1部7節参照。

はじめに
日本の農村は江戸時代以来300年余、経営規模でいえば、1haの家族経営であった。この小零細規模こそ日本農業を特徴づけてきた。
本文を読む

関連記事

powered by weblio