ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

スマート・テロワールの実践者たち

「農民として幸せに暮らすため」に始めた放牧酪農 茨城県稲敷市 上野 裕さん(新利根協同農学塾農場)

  • 株式会社日本総合研究所 調査部 主席研究員 藻谷浩介
  • 第1回 2021年02月25日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
1947年に祖父たちが水田として開拓し、1963年に祖父と父たちが酪農を始めた、利根河畔の湿地。2005年に初めて、思い切って牧草地に牛を放ってみた朝、牛たちは本当に嬉しそうに、生まれて初めてのはずなのにまるで生まれたときからそうしていたかのごとく、大地に生えた草を噛み始めたという。
本文を読む

関連記事

powered by weblio