ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

知っておきたい 世界各国の産業用ヘンプ

チェコ 寛容な大麻規制でCBD先進国へ 欧州新規食品の壁を越える

  • NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事 赤星栄志
  • 第39回 2021年02月25日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
チェコ共和国は北海道とほぼ同面積で、中央のモラビア高地以外の大半には低平な丘陵地が広がっている。人口は約1067万人。1989年の「ビロード革命」を受けて、93年にスロバキアと分離後、国営企業の民営化、市場経済に移行し、04年にEU加盟を実現した。農業分野では、ジャガイモや大麦、小麦、ライムギ、ホップの栽培、牧畜が盛んである。ヘンプも19世紀までは亜麻、豆類、テーブルビート、キャベツとの輪作ベースで栽培されていた。
本文を読む

関連記事

powered by weblio