ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

世界農業遺産を訪ねて

梅産業のイノベーションが持続的農業と生態系を保全 和歌山 みなべ・田辺の梅システム

数百年以上続いた持続可能な農業を実践する地域が「世界農業遺産」に認定されている(FAO制度)。いかにしてサステナブルな農業になったか。その秘訣を探りたい。 紀伊半島のみなべ・田辺地域は、梅の栽培が盛んで、豊かな農村に発展しているが、梅の新品種栽培・加工の“技術革新”が高品質な「南高梅」を生み、400年も持続可能な農業をもたらしている。
本文を読む

関連記事

powered by weblio