ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

スマート・テロワールの実践者たち

信州の小さな町で、非農家出身の若者たちが創業した牧場の未来

長野県で一番面積が小さく、人口も1万人少々の小布施町。そこにUターンして出版業を営む父に、「荒野」と名付けられた木下青年。「荒れ野の預言者」ヨハネにちなんだのか、荒野を開拓する者たれということか、その名の通りに少年時代から酪農を志し、修業を積んで、故郷に「小布施牧場」を創業した。
本文を読む

関連記事

powered by weblio