ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

世界農業遺産を訪ねて

テロワールの参入障壁から高収益 消費者支持が持続的農業を導く 静岡 水わさびの伝統栽培

「ワインと同じだ!」伊豆天城山中のわさび田を見たときの直観である。わさびは繊細な作物で、冷涼な気象、清らかな水、このテロワール(風土)が高品質のわさびを育てる条件である。 伊豆の水わさびの10a当たり収入は300万円以上と極めて高い。この高収益性が300年近い持続的農業を支える一番の要因だ。「畳石式」という伝統的な栽培方式、生物多様性を育む農法が採られている。
本文を読む

関連記事

powered by weblio