ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

知っておきたい 世界各国の産業用ヘンプ

南アフリカ共和国 ヘンプは試験栽培で足踏み続き 医療用・嗜好用は先に合法化へ

  • NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事 赤星栄志
  • 第43回 2021年06月22日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
南アフリカ共和国はアフリカ大陸の最南端に位置し、日本の約3・2倍の国土を有する。太陽の国と言われるほど年間を通じて晴天の日が多く、全体的に温暖な気候に恵まれている。人口は5778万人(2018年)で、黒人(79%)、白人(9・6%)、カラード(混血、8・9%)、アジア系(2・5%)で構成される。公用語は英語、アフリカーンス語など11言語あり、少数の白人が優遇されるアパルトヘイト政策(人種隔離政策:1948~94年)の影響が残る。
本文を読む

関連記事

powered by weblio