ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

世界農業遺産を訪ねて

宮城・大崎耕土の巧みな水管理 巧みな水管理が肥沃な耕土を創った 救世主は牛、産直、生物多様性

400年前の伊達政宗以来の水管理システムが、“農家主導”で管理され、荒れ地が緑の耕土に変わった。「番水」の仕組みなど、先人の知恵がすごい。地域では世界農業遺産のブランディング効果への期待が大きい。生物多様性が救世主になってきた。大崎耕土の変遷は未来を示唆している。
本文を読む

関連記事

powered by weblio