ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

スマート・テロワールの実践者たち

コンビニでも地元産小麦を使ったパン 茨城県で起きた奇跡のコラボ 鳥山雅庸氏(株)リバティーフーズ/染野実氏(有)ソメノグリーンファーム(茨城県)

コメ余りで米価が下がる中、円安と世界景気の過熱で、輸入小麦は値上げされている。パンの値段も上がりそうだ。 なぜこの機会にコメ農家は、水田を小麦畑に変えて儲けようと思わないのか? なぜ大手パンメーカーは、年々人気の高まっている国産小麦を使わないのか? パン用小麦の国産比率は、2009年の調査でわずか3%だった。現在は当時より上昇していると推測されるが、それでも圧倒的に多くのパンは、輸入小麦から製造されている。そもそも、実用に耐えるだけのタンパク質含有量を持つパン用小麦は、本州以南では安定的な生産が難しいのだ。
本文を読む

関連記事

powered by weblio