ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

知っておきたい 世界各国の産業用ヘンプ

リトアニア EUで最も合法化が遅れた国 種子・繊維からCBD製品に門戸開く

  • NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事 赤星栄志
  • 第48回 2021年11月29日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
リトアニア共和国は、バルト三国のなかで最も南に位置し、面積は北海道の約3分の2、人口280万人の小国である。中世にはバルト海から黒海にまで領土を拡大した大公国だった栄光の歴史があり、首都ヴィリニュスの旧市街は世界遺産になっている。約4000の湖沼群をもつ平坦な低地が広がり、農業分野では酪農大国で、乳製品が加工輸出食品の3割を占める。古くから亜麻繊維産業が盛んで、日本にも輸出されている。
本文を読む

関連記事

powered by weblio