ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

ロブストス高垣の今日も一丁あがり

次世代にロブストスを残せるか!?の巻


頼れる技術者集団を夢みる

ということで、今月はボロボロに錆びた古い肥料散布機のフレームを作ってみましょう♪ 鋼材規格を理解していれば作れない理由が見当たらない、修復案件の教材といえるような案件です。丁寧に寸法を拾って、切断機で角パイプとフラットバーを切り、ボール盤で穴を開け、タップを立てる。仕上がりや手間を考慮して一部を板金屋さんでレーザー加工。溶接&塗装で完成~♪ 基本的なモノづくりですけど、このフレームをパッと製品仕様で複製する会社が皆さんの近くにありますか? きっと数は少ないだろうし、あったとしても減る一方でしょう。でも、この仕事は多くの現場で重宝され、社会から必要とされる幸せをたくさん感じさせてくれます。喜べる場面が多い仕事だからこそ、部品を見た瞬間に頭の中で仕上げられるような次世代の技術者を育てていきたいと思っています。諦めずに辛抱強く採用活動を続けていきましょう。ということで! 今月も一丁あがり~~~♪♪♪

関連記事

powered by weblio