ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

知っておきたい 世界各国の産業用ヘンプ

パキスタン イスラーム教国での合法化と生産の推奨

  • NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事 赤星栄志
  • 第52回 2022年04月04日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
パキスタン・イスラム共和国は、インドの西部に位置し、2億2000万人を有する世界第5位の人口大国だ。非常に若い世代が多く、人口の55%は35歳以下が占める。国土面積は日本の約2倍で、中央にインダス川が北から南へと縦断している。国土の大半が乾燥帯なため灌漑設備を伴う農業が盛んで、コメや小麦、トウモロコシなどの穀類、野菜の生産と畜産、綿花を中心とした繊維産業が主要産業である。第二次世界大戦後にインドとともに英国から独立し、ヒンズー教徒が多数派のインドと別れて、イスラーム教徒中心の国家となった。
本文を読む

関連記事

powered by weblio