ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

知っておきたい 世界各国の産業用ヘンプ

米国(5) ヘンプ解禁後に5900件もの意見を反映して発効した「最終規則」

  • NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事 赤星栄志
  • 第54回 2022年05月30日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
米国では「2014年産業用ヘンプ農業法」が大学等研究機関と農業者による生産計画に基づく産業用ヘンプの栽培を一部解禁し、さらに「2018年農業法(Farm Bill 2018)」によって約80年ぶりに全米でヘンプ栽培が全面的な解禁となった(本誌20年2月号参照)。医療用大麻が36州で、嗜好用大麻が16州でそれぞれ合法化されたが、連邦法による合法化を実現したのは産業用ヘンプだけだ。
本文を読む

関連記事

powered by weblio