ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

人生・農業リセット再出発

オンナをイカス


酔客がフロントで絡んでも女性スタッフだと手を出さない。人が利益を稼ぐ労働集約型ではなく、風呂さえ沸かせば番台にオバちゃんが座っているだけで成り立つ「番台商売」にした。「行ってらっしゃいませ!」と送り出して常連客を囲い込む。支配人採用は、先入観のあるホテル業経験者はダメ、地元の素人主婦だけを採用し、カアチャン心配りを重視。男は本社幹部数名ぐらいで、全国の支配人もスタッフも地元採用で仕切っている。年齢給も能力給も転勤もないから、馴染客が応援する。主婦の支配人は、土日休で平日も10時から18時半までの勤務。炊事・洗濯・掃除に買い物と決まった給料の中で家庭を切り盛りする主婦の能力。格安料金、朝食無料で持ち帰り自由、オニギリと味噌汁の家庭的オバサン手料理。“勝手知ったる我が家”感覚で違和感のない居心地で安心感を作る。稼働率75%を下回った支配人は「稼働率向上委員会」に強制入会させられる。罰則は無いが、みっともないので負けず嫌いの支配人は必死に努力する。組織にはトップダウン命令の経営トップから末端社員までいくつかの層で成り立っているピラミッド型と、指揮者もバイオリンもトランペットも、それぞれ序列の無いフラットな関係のオーケストラ型があるが、東横インは後者である。女性は上からの命令を押し付けられるのを嫌う。みんなで和気あいあいの風通しの良い家庭的雰囲気が合っているのだ。すべて土地や建物のオーナーから賃借しているホテルだから、資金調達の株式上場の必要性は一切無い。
どんどん夢を膨らませる西田さんに聞いてみた、目標は?と。答えは、海外も含めて1045軒の東横インを作ること! その心は、1045→ト~ヨコ。女性パワーを存分に発揮させ、自らも生き生きと人生を邁進する男は、どこから観ても眩しいほど輝いている! 叱れば泣くし、誉めればつけ上がるし、殺せば化けて出る!のがオンナだと思っていたが、いやいや大したオンナ操縦術を聞かせてもらった。

関連記事

powered by weblio