ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

農業と食の安全を脅かす「ポピュリズム」

本誌の創刊当初である1993年ごろは、農業団体や被害者意識を植え付けられた農民層にとって、時には「百姓一揆」などというのぼりを立ててデモをするといった時代もあり、また農業団体も力を持っていた。当時の農村や農業界に関わる政治家たちもまた「断固反対」と叫ぶのが彼らにとっての「政治的リアリズム」だったのだろう。 しかし、細川内閣であったからこそウルグアイ・ラウンドの農業合意はすんなり認められてしまった。農業界の人々ですらすでにそんな時代は過ぎ去った過去だと思っているだろう。また、農業界もその当時のような圧倒的圧力を持った勢力ではなくなった。それでも、コメの先物市場成立はつぶされてしまった。
本文を読む

関連記事

powered by weblio