ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

知っておきたい 世界各国の産業用ヘンプ

ペルー 薬用植物の文化が色濃く参入企業はTHCもCBDも扱う

  • NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事 赤星栄志
  • 第57回 2022年09月09日
  • 価格:110円

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
ペルー共和国は、空中都市で有名な古代インカの都市マチュピチュがある南米の国である。国土は日本の面積の3・4倍を有し、南北に走るアンデス山脈によって縦断され、西の乾燥した海岸地帯(コスタ)、中央のアンデスの山岳地帯(シエラ)および東のアマゾンの熱帯雨林地帯(セルバ)の3つの地帯に分かれる。人口は首都リマを中心に全国で約3297万人。主要な農産物はサトウキビ、ジャガイモ、米、アスパラガス、コーヒーで、抗炎剤のキャッツクロウや滋養強壮のマカなどの薬用植物の宝庫としても知られている。
本文を読む

関連記事

powered by weblio