ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

小川まさゆきの現代の農業観・農地観

(株)久松農園 代表 久松達央/新規就農で年間100種類以上の有機野菜を直販する

今を生きる 一人ひとりの「農業の捉え方」を聞く! 農業の最大の魅力は、定義が決まっていないことだ。 価値観の多様化が進む現在は、この魅力がいかんなく発揮され、多様な農業観・農地観が生まれ育まれる時代にある。いまや、農業観・農地観は、農業を営む上での一つの原動力となっているのではないだろうか。 本連載では、農業経営者の心のうちにある「農業の捉え方」に注目しながら、数字では語れない、農業経営の特徴に迫る。
本文を読む

関連記事

powered by weblio