ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

おいおい鈴木君 鈴木宣弘東大教授の放言を検証する

東京大学教授の鈴木宣弘氏がメディアを賑わしている。『文藝春秋』2023年4月号でも「日本の食が危ない!」という緊急特集で、意図的と思える嘘と同氏の無知に基づいて不安を煽る。ウクライナ紛争、その他の要因による飼料や肥料の高騰に伴い、酪農を含む農業経営が打撃を受けている。それを話題として取り上げるメディアにとって鈴木氏の“放言”は、衆目を集める都合の良い“ネタ”なのだろう。  しかし、少しでも農業や世界の農業事情に通じた者であれば、同氏の発言がとんでもないデタラメや同氏の無知をさらけ出したに過ぎないものであることがわかるはずだ。
本特集は、『文藝春秋』2023年4月号に「日本の食が危ない!」として掲載された内容を検証したものになる。読者たる農業経営者だけではなく、彼を便利に使い、売れっ子に祭り上げてしまっているメディア関係者にもぜひとも読んでいただきたい。鈴木宣弘氏がこれで大学教授が務まるというのなら、東京大学の権威も地に落ちたものだ。彼のデタラメで無知をさらけ出した放言をそのままにしておくわけにはいかない。(昆吉則)

冬のお化け 鈴木宣弘批判決定版/土門 剛

『文藝春秋』2023年4月号の緊急特集「日本の食が危ない!」の読後感を頼まれた。筆者は、東大教授の肩書きを持つ、あの鈴木宣弘さん。拝読しての印象は、困惑の一語に尽きる。食料安全保障がテーマなのに、それこそ書いてあることは、「このままでは国民が飢え死にする」内容だからだ。
鈴木さんが書くものは、とにかく筋が粗い。事実の取り違えもある。看過できないのは、裏付けのつもりで出してくる数字に歪曲したものが多く、正直、そのことが分かってしまえば、読むに堪えないということになる。困惑したのはそのためだ。

【オオカミ少年が説く食料安全保障】

まず、筋が粗っぽいと思ったのは、冒頭からGM作物の問題を持ち出してきたことだ。この種の企画を、このタイミングで組んだのは、サブタイトルが示す「国民が餓え死に」しないよう食料安全保障の問題を正面に据えて、その重要性を読者に喚起してみようということのはずだった。
食料安全保障に対する、この方が持ち合わせている“見識”を見事に示してくれたのは、リード(前文)で十八番(おはこ)の「遺伝子組み換え作物」(GM作物)と「ゲノム編集食品」の話題を振ってきたことだった。
「日本が直面しているのは自給率という『量』の問題だけではない。食料の『質』という面でも、懸念がある。例えば、『遺伝子組み換え作物』(GM作物)がアメリカなどから大量に輸入され『ゲノム編集食品』が国内でも積極的に生産されている。これらバイオ技術を駆使して誕生した作物や食品は、長期的に人体や生態系にどのような影響を与えるかについて、誰も分からない」
鈴木さんの首根っこを捕まえて連れていってやりたいところがある。飢餓の苦しみにあえいでいる人たちのところだ。その人たちの前で同じことを言ってみるがよい。石もて追われるのがオチだ。

関連記事

powered by weblio