ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

新・農業経営者ルポ

斜陽産業の養蚕をミラクルな産地で維持、発展へ

昭和4年、養蚕農家は全国に221万戸あった。しかし、高齢化や後継者不足などにより、令和4年の段階では、その数は163戸と激減し、今や存続の危機に瀕している状況だ。こうした中、養蚕業界を盛り上げようと、様々な取り組みを行っている養蚕農家がいる。埼玉県秩父市で、影森養蚕所を運営する久米悠平である。秩父はかつて養蚕の町として知られていたが、今は2軒が残るのみ。明治時代から続く家業を継いだ5代目は、旧態依然の養蚕業界に風穴を開けようと、独自のやり方を模索し、前に進み続けている。文・写真/永峰英太郎
本文を読む

関連記事

powered by weblio