ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

経営にパソコンを生かす
各種ソフト、ネットワークをさらいながらその活用を考える

その他のソフト

 表一にあげたように、筆者はソフトのグループを一一に分けていますが、その他のソフトの特徴的なことを見てみましょう。

 まずは、販売管理ソフト。販売管理ソフトも各社から出ていますが、販売管理といわれて売られているソフトのかなりの部分のソフトが、顧客管理を合わせ持った形になっているのが特徴になっています。いわゆる市場出荷については、作業日誌の方で販売日誌という形で記録がとれるのですが、宅急便などを利用した産地直送販売では顧客管理を併せて行っていかなければなりません。こうした販売形態に合わせて開発されたのが、顧客管理を含んだ販売管理ソフトということになります。

 すでに、メロンやお茶など産直を行っている農家では広く使われ始めています。ソフトとしては、ソリマチ情報センターの「フレッシュ」、寺田製作所の「お茶やさん」などがあります。

 このほか、専用の販売管理ソフトでは花の販売管理といったように、作物に特化していることも特徴になっています。

 最近、私の関心が高いのが農家生活を支援するソフトです。家族型の農業が残っていくためには、家族がうまく生活していける工夫が必要になると思っています。作業をいかにお互いが分担するか、また将来の生活計画をあらかじめ知ってそれに上手に対処するかなどなど。

 現在は、まだ家計簿や生活設計システムなどぐらいしかありませんが、こちらもいろんなソフトが出てきてくれることを期待しています。

 畜産関係のソフトは、もともと畜産分野がもっとも早くパソコンの活用を始めましたから、試験場で開発されたソフトをはじめ、飼料メーカーが開発したソフトなど、さまざまなソフトが使用されていましたが、最近はいわゆるベストセラーソフトも出てきているようです。

 なお、限られた紙数ですので、すべてのソフトを紹介するわけにはいかないのが残念なのですが、来年早々には、市販の農業用ソフトの紹介活用ブックが、 (財)農林統計協会から発売される予定になっていますので、そうした本も参考にしてください。

関連記事

powered by weblio