ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

江刺の稲

耕しくさぎ(耘)ること

  • 『農業経営者』編集長 農業技術通信社 代表取締役社長 昆吉則
  • 第6回 1994年06月01日

  • この記事をPDFで読む
    • 無料会員
    • ゴールド
    • 雑誌購読
    • プラチナ
不耕起栽培と経営


 いわゆる「不耕起栽培」というものがよく話題になる。僕のたくさんの友人たちも「結構、面白いぞ」と取り組んでおられる。また、その農法開発にかけてこられた方の解説などを読んだり聞いたりすると、確かに深い自然への洞察と実践の積み重ねの中でその農法を実現されたのだな、ということがよく分かる。

 僕は農業をしたこともないし、その専門家でもないわけだから語る資格はないかもしれないが、「不耕起栽培」は「技術」としては非常に面白い可能性のあるものだが、現段階で「経営」として成立するのであろうか、と疑問に思っている。むしろ、その前に問うことはないのかと考える。

 もちろん、語られる「不耕起農法」の本質とは、単に耕起作業を省略して手が抜けるなどという後ろ向きのことではないという前提でである。むしろ創刊号の本欄で書いた「江刺しの稲」の素晴らしさを引き出すことにつながる農法だとも思える。

 人がやっている作業を見る限りでの話しだが、結論から言えば、耕さずに稲を作ることを「経営」として行うのは「難し過ぎる」のではないのか。その開発者は除草剤も使わないという。それもあり得るだろう。しかし、多くの友人たちは、除草剤の使い方次第でやれないこともないが、同じ田で毎年やっていくとなると除草剤への依存度が高まり、問題もあると聞いた。

 経営の手段としての「技術」は、なるべく易しく簡単にできるものでなければならない。それは作業を省略するという意味ではない。「耕し耘る」ことを確実にやる方法の方が、それをしないより誰にでもできる易しい技術ではないかということだ。むしろ「不耕起」にしたために、より多くの除草剤を使わなければならないのなら、それはもとより「不耕起農法」論者が語る文脈とは違ってしまうであろう。

 ただし、僕は自分でやって書いているわけではない。やってみる価値はあるのだろう。ただ、その時「不耕起」に対する「耕起」――田返していたか、耕し耘ることをしていたか?――が、それまでどのようになされ、耕起したことによって生じる障害、そもそも農業を行うことによる障害の回避をどのように行ってきたか、を反省して語られるべきだと思う。

 人が「耕し続けてきたこと」の意味とは、それくらいに深いのではないだろうか。

関連記事

powered by weblio