ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

坂上隆の幸せを見える化する農業ビジネス

どうしたら農業で生きていけるか



永続的な視点を持つ

 何を作るか、にこだわることはすばらしいが、農場が永続できなければ意味がない。

 顧客が求めるものをいつでも、たくさん、作れる、環境整備こそが、後継者不足時代の農業ビジネスの本質ではないだろうか。そして、それを作った経験のない人でも作れる学びの場を整備していく。顧客に対して「確実に」約束できる、社員には「確実に」説明できる企業になれるかどうか。これが、しっかりした器の基礎である。

 現在、私が会社でやっていることといえば、社員にしっかり話かける、来客するお客様や関係者の話にしっかり耳を傾ける、これだけだ。これを端折らずにやることが、企業としての確実性を高めるための経営者の仕事だと確信している。

 事業から企業へ│この私の視点の変化は実は、一生農業をする決意を、企業の生命に置き換えただけだ。人の一生には限りはあるが、法人の一生は倒産しない限り、永続的になる。

 冒頭の質問、「何を作ったら儲かるか」でもなければ「どうしたらうまくいくか」でもない、一時的な事業視点ではなく「たえず成長しつづける」という永続的な視点から物事を見直している。農場、企業を自分のもの=器ではなく、社会の器=公器として考えるようになったのだ。

 そう考えれば、これまで農業で困難とされてきたいろいろなことが継承可能に見えてくる。それ以上に、受け継ぐ仕組みをしっかり作ることこそが、自分の使命だと認識できるようになる。


一人ひとりが農業経営者

 こうした思考を重ねた結果、私は新入社員を含め、「(有)さかうえの一人ひとりが農業経営者」とみなすようになった。受け継ぎ、たえず成長する組織にする実践として、当社では、人材育成方針を明確にしている。以下に勘略して記す。




「一人ひとりが農業経営者」
実践・学習・研修を通して、高度な経営マインドを持ち合わせた人材を育成します。
“さかうえ”での経験を通じて、農業従事者として一人立ちでき、将来の農業事業者・経営者として活躍できるような環境づくりに努めています。

学びの体系~自ら成長する人材へ~

1「自ら成長する人=自ら学び、考 え、取り組む人」の学びを応援します。

2 成長のための学びの機会を「実践WORK、研修SKILL、学習STUDY」の3つの方法で構成します。

3 学びをお互いに教え合うことで、教えた人も教えられた人も育つ組織風土を目指します。

関連記事

powered by weblio