ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

独断注目商品REVIEW

栽培期間の長い作物に最適!



 イミシアホスは、ネコブセンチュウ類、ネグサレセンチュウ類、シストセンチュウ類に高い防除効果を示す。本剤の適用作物はダイコン、ニンジン、イチゴ、ナス、トマト、ミニトマト、キュウリ、メロン、スイカ、サツマイモ、ジャガイモとなっている。このうちネグサレセンチュウ類に対しては、特に防除効果が優れる。

 同社カタログでは「極端に線虫の密度が高い場合」には、DD剤と本剤を併用する体系処理を提案している。DD剤は即効性があるが一過性であるため、残効の長い本剤と組み合わせて効果の弱さを補う使用法だ。また、太陽熱消毒との体系処理によって効果を高める方法も挙げられている。さらに土壌病害や雑草防除との同時防除を行う場合は、バスアミド微粒剤との体系処理を提案している。

 石灰資材との同時処理ができるのも注目できる特徴だろう。例えばクロロピクリンなどは消石灰等アルカリ性肥料と併用できないが、本剤は同時処理を行っても、効果や薬害は特に影響がない。そもそも作物に対する薬害は少ない。基本的に登録使用量での各種作物に対して、薬害はほとんど認められてないという。ただし、砂質土壌でのトマトには褐変などの事例もあるとのこと。

 他の粒剤に比べて、本剤に際立った特徴があるとすれば、土壌中での拡散性が良いことだろう。これは本剤の水溶解度が高いことに起因している。このことは施用後に成分がむらなく広がることで安定した効果が期待できる。また黒ボク土や砂土といった土壌の種類による効果の違いが比較的小さく、安定した防除効果がある。

 気になるコストは10a当り1万5000円程度。安い薬剤ではないが残効が長いので、栽培期間の長い作物、例えばトマトなどに適している。また、シストセンチュウ類に防除効果があるので、種子ジャガイモ栽培にも期待が持てる。 (長谷川竜生)


■ 接触型線虫防除剤 ネマキック粒剤
参考価格 400,000円

■お問い合わせ
・アグロ カネショウ株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-19
TEL:03-5570-4711
http://www.agrokanesho.co.jp/

関連記事

powered by weblio