ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

過剰の対策、欠乏の克服

土のアルミニウムを知る



 アルミニウムイオンは、土中でどのような状態にあるのでしょうか。ふつうアルミニウムは土中に「溶出する」と説明されます。アルミニウムは中性~微アルカリでは全く水に溶けませんが、酸性になると溶けてきて水溶性アルミニウムとなり、さらに困ったことには土壌コロイドに吸着して、交換性アルミニウムになっています。

 交換性アルミニウムの20%は常時土壌溶液中にでてきていて、その動きはとどまることがありません。だから一時的な有害性ではなく、ジワジワといつも生育害を与えます。この目に見えない敵の姿をみつけることはたいへん難しいですが、唯一みつける方法があります。

 それは土壌pHを測ることであり、これによってその存在が推測できます。ただし、この場合は火山灰土と非火山灰土を分けて考える必要があります。なぜなら火山灰土は、少し酸性に傾いてもアルミニウムを強く溶出するからです。


火山灰土の場合pH5.8以下にしない

 火山灰土は、火山の爆発によってマグマが空中に噴出した結果、細かく灰のようになった粒子の細かいものです。それが日本の気候で強い風化作用を受けてしまうと、主成分であったケイ酸はどんどん溶けて流れてしまい、結果アルミニウムが残ることとなります。

 しかしここでもう一つ注意することがあります。火山灰土の酸性は、それ以外の土と異なり、あまり強い酸性にはなりません。ただし、それなら酸性害の心配はないのかというと、そうでもありません。

 火山灰土と非火山灰土の違いは、私達の生活の中にある身近な酸性物質である、酢酸と塩酸を比べてみると、わかりやすいでしょう。

 酢酸は寿司など食品にも使う酸であり、ご存知のように弱い酸です。それに比べて私達の胃から分泌されてる塩酸は強い酸です。

 胃の中はpH2~3ぐらいといわれています。寿司に使う酢酸は、pHがそんなに低くなりません。その理由はなぜかというと、酸性の原因となる水素イオンが解離しやすいか、そうでないかということです。

 同じ酸の量であっても、その酸が水素イオンを離しやすいものと、そうでないものがあります。当然、出てくる水素イオンの量は異なります。

 弱い酸としての酢酸は、解離してくる水素イオンの量が少ないことで、結果として強い酸性にはなりません。

 一方塩酸は同じ量であっても、そこから解離してくる水素イオンの量が多いことから、結果として強い酸、つまりpHの低い値を示します。

関連記事

powered by weblio