ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

木内博一の和のマネジメントと郷の精神

海外進出とは多様性を受け入れること



麻雀 VS 本将棋

 日本では経営者のお付き合いは、大抵ゴルフである。ラウンド中に長い時間を共に過ごせば、おのずとその人がどういう性格なのかが分かる。上海のスタッフによれば、中国では麻雀で接待をするそうだ。

 私はあまりやらないが、麻雀、これは中国文化を代表している。4人でテーブルを囲って行なうゲームだ。プレイヤーの数は、将棋やチェスなどの2名の倍になる。また、中国の価値観では、同じ牌を使って同じ点棒を引き継いでいれば、途中でプレイヤーが変わっても問題にならない。日本人の発想では、「あなたと勝負をしているのになぜ途中で相手が変わるのだ」と言いたくなる。しかし、中国では、この日本流の主張は通用しない。ゲームは続行する。

 麻雀のルールに踏み込むと、中でもという役は、中国の柔軟性を象徴している。通常のあがり方は、同じ種類の牌を集めて役を作るが、すべて異なる牌をそろえると役がつくという逆転の発想だ。また、(牌のすべてを緑色で統一した形)や(同じ牌を2つずつ7組揃える形)など米国人が考案した役もある。伝統に新しい文化を受け入れる寛容な文化である。

 一方、ロシアといえば、ロシアンルーレット。こちらは、相手を追い込んで、ラッキーかアンラッキーかのどちらかしか選択肢がない。死ぬか生きるか、勝てば、敗者が持っていた権力をすべて取りあげる。ビジネスで取り組むにも、その覚悟が求められる。リスク回避は完全に自己責任の領域になるというわけだ。

 さらに、ヨーロッパや欧米には、ルーレットやポーカー、バカラといったカジノゲームがある。ディーラーという親がいて、全員を相手にする権利を持つ。ボロ儲けもしないが負けもしない役回りである。親はルールをまず決めて、みなさん参加してくださいと声をかける。米国でプレイをしているのであれば、中国も日本も韓国も参加したメンバーは平等に扱われる。米国型のビジネスのやり方そのものだ。

 最後に、我が日本のビジネス。これは本将棋にたとえるのがいいだろう。正座して面と向かって最初に「よろしくお願いします」と挨拶をする。一対一で対面に腰を据え、互いに盤上のます目に沿って駒を動かしていく。勝負に負けたときには、悔しがるのではなく、「失礼しました」と頭を下げるのだ。日本の「和」の文化はこういうところに表れる。中国人が麻雀卓を囲ってラーメンを食べ、ビールを飲み、自由気ままにゲームを楽しむ姿とは勝手が違う。

関連記事

powered by weblio