ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

どうなる!どうする?こんなとき

農協脱退?出資金はどうなる?

Q:分かりません。

A:その時は全中が作成した農協の模範定款を参考にします。その一六条には、農協を脱退した組合員に対し払い戻す際の計算方法は同二七条の規定に従うとあります。

Q:具体的にはどうなっていますか。

A:払い込み出資金(出資金に対する組み入れ額を含む)および再評価積立金の額を出資口数で割った金額が出資一口当たりの持ち分額となります。再評価積立金は、現在においてほとんど出資に組み入れられている関係上、また出資への組み入れに伴う出資の増加額に対しても、出資証券が発行される場合が多いので、ほとんどの場合、払い戻される持ち分額はほぼ額面額となります。

Q:出資の払い込み額ということになりますか。

A:払い込み出資額以外の財産、準備金、引当金あるいはその他の価値増加額が、払い戻しに反映されるのは、農協の解散の場合に限られます。今回のように、通常の脱退の場合には、額面による払い戻しということになりますね。

Q:隣の農協では、合併に反対する農家の間で農協脱退する動きがあります。この場合にも通常の脱退のケースと同じでしょうか。

A:今回の農協法の改正や模範定款の改正においては、多くの部分で商法の規定の準用が行われますが、今回のケースでは商法四〇八条の三で反対株主による株式の買い取り請求ならびにその場合の公正な価額によるべきことを規定しています。農協合併のように解散に準じて考えるべき重大な組織の変革の場合においては、解散に準じてその他の財産についても、持ち分の払い戻しの計算に織り込むことも、今後の検討課題となりますね。より詳しくは、専門の弁護士などにご相談ください。

Q:ありがとうございました。

関連記事

powered by weblio