ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

トラクタ試乗対決 



■ジョンディア6620・・・3.5点
ジョンディア6620はピックアップ式のヒッチを装着しているが、運転席から連結部分が見えにくいのが欠点である。揚力は、125hpクラスの他のトラクタと比較すると平均以下で、地上200mmで4t程度である。牽引力や牽引位置等のコントロール機能がわかりやすいが、空転抑制機能をオプションとしても用意していない。
(ジョンデジア6620の揚力は、同クラスのトラクタと比較するとやや落ちる。)


【油圧装置】コントローラブルなニューホランド・パワフルなジョンディア
■ニューホランドTS135A・・・4.5点
クローズドセンター式で、様々な状況変化に対応できる。25kWという油圧出力は、135hpクラスのトタクタとしては平均以下であるが、電動油圧式のコントロールレバーは、指先で操作できるほど軽いもので、油圧の流れやタイミングを操作できる。しかし、ボタン操作には多少の慣れが必要である。

■ジョンディア6620・・・3.5点
PTO軸はワッシャーで固定されており安定性について問題はないが、ジョンディア6620はさらにスチールで軸をガードして万全を期している。CVTをオプションで搭載すれば、キャビン内のアームレストでPTO操作が可能になる。エンジンに負荷がかかるとPTO回転数は1,000rpmより若干落ちる。


【PTO】電子制御のニューホランド・エンジンに負荷がかかるジョンディア
■ニューホランドTS135A・・・4点
PTOの操作はボタンで容易に行える。ニューホランドTS135AのPTOは、回転にかかる負荷に合わせてモーター回転数を調整できる電子制御システムを採用している。PTO回転数がエンジンの最高トルク回転数より高く設定されているので、エンジンに負荷がかかることはない。

■ジョンディア6620・・・3.5点
PTO軸はワッシャーで固定されており安定性について問題はないが、ジョンディア6620はさらにスチールで軸をガードして万全を期している。CVTをオプションで搭載すれば、キャビン内のアームレストでPTO操作が可能になる。エンジンに負荷がかかるとPTO回転数は1,000rpmより若干落ちる。


※ロボット化するトラクタ
耕したり穴を掘ったりといった作業の際、トラクタのオペレータは前を向いて座り、同じ動作を繰り返す必要がある。それを楽しいと感じるか、単調と感じるかは人それぞれであろう。

関連記事

powered by weblio