ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

特集

農産物貯蔵庫カタログ
差別化と勝ち残る品質管理のために

 さらに運転期間については通年で使用可能なことが望ましい。地域にもよるが、最低でも気温が上昇する3月ころから11月中旬の高温多湿期は自然保管に不適当であり、この時期は低温保管するべきである。貯蔵庫の温度・湿度管理は、ほとんどの製品が自動制御となっているので煩わしい調整を必要としない。

 ここで紹介するのは、自家飯米用の貯蔵庫を含めてである。業務用としてはプレハブのパネルのサイズとそれに合せた冷却装置の能力を高めたものが用意されている。詳しくは、直接メーカーあるいは代理店に問い合わせられたい。

 家庭用の貯蔵庫は、お米や青果物その他の貯蔵や冷蔵(温蔵)に使える農家ならではの贅沢と、都会に住む友人や家族への「豊かさのお裾分け」を楽しむための道具であるといえる。また、静岡製機の「ライスボトル」や山本製作所の「こめくーら」は、単に玄米を低温貯蔵するという機能に留まらず、精米機がセットされていたり、籾の乾燥から貯蔵・籾精米といった機能を持っている。


【低温貯蔵庫 農産物用プレハブ冷蔵庫】
ダイキン工業(株)

【低温貯蔵庫 玄米低温貯蔵庫「米蔵くん」】
(株)クボタ・関連商品事業部

【低温貯蔵庫 玄米低温貯蔵庫「菜庫」】
静岡製機(株)

【低温貯蔵庫 ヤンマー低温貯蔵庫】
ヤンマー農機(株)

【低温貯蔵庫 低温こめぐら「う米蔵」】
福菱機器販売(株)

【低温貯蔵庫 小型農産物(米)保冷庫】
ヰセキ

【バラ貯蔵用 穀物低温貯蔵庫「クーリングペット」】
金子農機(株)

関連記事

powered by weblio