ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

今月の数字

ハンガリーにおけるスナック菓子や清涼飲料水への大幅課税

国際糖尿病連合(IDF)は9月13日、ポルトガルで開かれた第47回欧州糖尿病学会で世界の糖尿病人口が3億6,600万人に増えたと発表した。

20%

 国際糖尿病連合(IDF)は9月13日、ポルトガルで開かれた第47回欧州糖尿病学会で世界の糖尿病人口が3億6,600万人に増えたと発表した。

 日本の糖尿病人口は、2007年に厚生労働省が行なった「国民健康・栄養調査」で「糖尿病が強く疑われる人」が890万人、「糖尿病の可能性が否定できない人」が1,320万人と両者を合わせて2,210万人に達し、ここ数年をみても年間30万人規模で増加するなど、日本でも深刻な国民病になった。男性は人口の29.3%、女性では23.2%を占め、年齢とともに高くなり、ここ10年で増加傾向にある。近年では40代男性で占める割合がジワリと上昇し、若年化が進んでいる。

 糖尿病と密接な関係にある肥満の指標であるBMIは「体重(kg)÷身長(m)の2乗」で表され、WHOでは30以上を「肥満」とする。この基準に照らせば、日本で肥満人口の占める割合は、OECD諸国で韓国と並び3%台と最低ランクだ。

関連記事

powered by weblio