ナビゲーションを飛ばす



記事閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック

岡本信一の科学する農業

品質の安定と「ばらつき」の関係


 決して不可能ではありません。「天気の所為だから」「天気には勝てない」とあきらめた瞬間から天候の影響を軽減することができなくなります。天候が作物にどのように影響しているのかを知ることによって、どこを改善すれば天候の影響を最小限に抑えられるのかを把握することも可能になります。

 例えば、施肥過剰は多くの場合に天候の影響を大きくします。天気がよい場合は、施肥過剰でも収量アップに貢献しますが、天候が不順になれば悪影響の方が大きくなるのです。詳しくはまた改めて連載の中で取り上げましょう。

関連記事

powered by weblio